会社情報 Profile

トピックス

世界初  海洋再生可能エネルギーの飛躍的推進を目指した基礎工法の開発
~現状復旧を可能とする大口径テーパー型基礎杭と施工法の実用化を目指して~

【2018年02月06日】

りんかい日産建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山口竹彦)、寄神建設株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:寄神正文)と株式会社ユニバーサルエネルギー研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:金田武司)は、海洋再生可能エネルギー開発に必須とされる基礎杭の新たな施工法の開発に着手しました(平成29 年度から3 カ年間の事業計画)。開発するのは洋上風力発電の大型化を見越した安価で現況復旧可能な「テーパー型基礎杭」です。風力発電設備は大型化に伴い、施工費用および現況復旧費用は飛躍的に高額となります。また、事業終了後に完全撤去(引抜き)することが世界的な潮流となりつつあり、これらのニーズに対応したものです。テーパー杭を開発することにより引抜きコストおよびCO2 排出量の50%削減を達成し洋上風力発電のさらなる設置に貢献します。