技術・工法 Technology

<環境技術> VOC・油汚染等浄化工法(ISOTEC工法)

フェントン反応剤を飛躍的に特殊高性能化した「ISOTEC浄化溶液」を原位置にて土壌・地下水中に注入し、化学的に高度浄化します。

特徴

  1. 原位置での浄化施工が可能
    土壌汚染土地から汚染土を持ち出すことなく浄化することが可能です。

  2. 低コスト施工
    従来工法(掘削除去)に比べ低コストでの施工が可能です。

  3. 高い浄化性能
    ヒドロキシラジカルの強い酸化力で汚染物質をCO2とH2Oに酸化分解。
    従来型フェントン反応では分解し難い、四塩化炭素(CT)やクロロホルム(CF)といった揮発性有機化合物(VOC)や、準揮発性有機化合物(SVOC)、また石油系炭化水素、t-ブチルメチルエーテル(MTBE)などのガソリン添加剤、多環芳香族炭化水素(PAH)を含む農薬あるいは殺虫剤・防腐剤など幅広い汚染物質の高度浄化が可能。

  4. 安全上・施工上の優位性
    土壌中での薬剤拡散性・浸透性に優れており、低圧注入(通常0.1~0.6MPa)が可能、かつ過酸化水素濃度も低いため取扱性に優れ安全です。
    資機材がシンプルで施設が簡便なため、狭小な場所での施工が可能です。
    施工現場の他の設備・作業にほとんど障害を与えず、業務を稼動しながら施工することが可能です。

  5. 環境に低負荷
    反応が2週間程度継続し流動性が高く広範囲に到達するため高いコストパフォーマンスを誇ります。
    高濃度汚染に対応出来るため薬剤の使用量が従来法より少量となります。
    短期間での浄化が可能となります。
    中性領域(pH5~8)で浄化可能なため、重金属の溶出による二次汚染がありません。
    浄化後は水と二酸化炭素に分解されるため、環境に低負荷な工法です。

主たる対象汚染物質・用途

  • VOC(土壌汚染対策法における全ての揮発性有機化合物に有効)
  • ガソリン・軽油・灯油・重油
  • SVOC
  • MTBE
  • PAH

施工イメージ

【注入工法】

注入工法の図

注入工法の作業写真

【撹拌工法】

撹拌工法の図

撹拌工法の作業写真

施工写真

施工写真

特許等

米国ニュージャージー州、ISOTEC社の特許技術です。

技術・工法
技術・工法一覧