寄神チャンネル Channel

海の構造物

「海上空港ができるまで」編 第一話 海底地盤の改良の巻 第二話 護岸工事の巻 第三話 埋立工事の巻

サンドコンパクションパイル工法

この工法は、海底地盤にケーシングパイプによって砂の杭を打ち込み、振動させることで、よく締まった砂の杭と軟弱な枯土層を一定の割合で強制的に置き換えて、地盤の強さを増加させるやり方です。言いかえると、柔らかい地盤の中で、固い砂の柱(直径は大きいもので200cm位)と柔らかい土とを置きかえて、砂の柱の支持力で上のものを支えようということです。砂の柱を打ち込むことで周りの土も締まっていくことにもなります。同時に、その砂の柱を通して地盤の中の水分を排水する効果(サンドドレーンと同じ効果)もあります。

  1. (1) 所定の位置に移動セットを行う
  2. (2) ケーシングバイブの打込
  3. (3) ケーシングバイブを支持地盤まで到達させ、規定量計量した砂をケーシングバイブ内に投入する
  4. (4) 砂面確認後、一定の高さまで引抜を行う
  5. (5) 再度ケーシングバイブを打込み振動させ、砂杭を造成する
  6. (6) (3)〜(5)を繰返し、粘土層をよく締まった砂の杭と一定の割合で強制的に置き換える
  7. (7) 打設完了