寄神建設株式会社

エントリー
RECRUITMENT2022
エントリー
人々の豊かな暮らしの基盤を築く、プロフェッショナル集団
寄神建設は土木・建築工事を主とした総合建設業で、中でも海洋土木工事を得意とする会社です。「日本の海を開くパイオニア」「街づくりのプロフェッショナル」として、世界に誇る技術を通じて人々の豊かな暮らしの基盤を築いています。

寄神建設は土木・建築工事を主とした総合建設業で、中でも海洋土木工事を得意とする会社です。
「日本の海を開くパイオニア」「街づくりのプロフェッショナル」として、世界に誇る技術を通じて人々の豊かな暮らしの基盤を築いています。

Information
2021.02.12
2022年度 新卒採用サイトを公開しました。皆さんのエントリーをお待ちしています。

Vision 寄神建設の強み

独自技術の強さと、新たな市場にチャレンジしていく開拓精神

海洋土木工事に欠かせない特殊作業船を多数保有しており、その充実度は質・量において大手建設会社でも類がありません。これは当社の強みであるのはもちろん、国としても重要かつ不可欠な技術であり、その特殊技術は災害時の早期復興などにも貢献しています。

高い技術力を背景に、得意分野である海洋土木工事を強化するとともに、電力事業や環境事業など、新たなる市場の開拓にもチャレンジしています。特に、自社でEPC業務(設計・調達・建設)を手掛ける体制を整えた大規模太陽光発電(メガソーラー)事業の強化を推進。確固たる実績を築く主力産業だけに留まらず、常に新しい分野に挑戦していく姿勢も、寄神建設の強みのひとつです。

Business 事業紹介

海洋・陸上・建築の3領域から次世代の地球環境を創造する

起重機船・杭打船・コンクリートプラント船などの作業船を使用した海洋工事をはじめ、総合建設業として海洋・陸上・建築の各分野でさまざまなプロジェクトを展開。技術者としてゼロから現場をスタートさせ、工事を完成させた時の喜びや達成感を仲間とともに味わえるのが仕事の醍醐味です。

海洋土木

数々の大型作業船を保有し、羽田国際空港の滑走路増設工事、東京港臨海道路工事など大型プロジェクトに積極的に参画しています。その他、東日本大震災で損傷した海岸の復旧工事や日本各地での橋梁架設、海岸の埋立、浚渫、防波堤築造、岸壁クレーン設置、サルベージ工事などの事業を展開。また海外での橋梁架設、火力発電所向の揚炭機の据付、航路浚渫なども行い、国内外の海洋土木工事に積極的に挑んでいます。

陸上土木

日本全国で公共施設の建設工事を行っており、上下水道施設を皮切りに道路の舗装・補修、公園整備、河川改修工事などを展開。さらには高速道路やトンネル、ダムなどの建設へと事業領域を広げ、数多くの施工実績を積み重ねています。また近年においては、環境事業に即した太陽光発電所建設工事にも積極的に取り組んでいます。

建築

公共建築物、公共集合住宅・官公庁舎・学校施設などの新築及び改修を主体に、民間ではオフィスビル・マンション・工場・ショールームから注文住宅まで、建築施工実績は多岐にわたります。設計・企画段階から参画し、施工まで一貫した請負を実施。近年では、建物の改修・リフォームにも力を入れています。

Voice 社員紹介

加田 淳貴

Junki Kata
海洋部 船舶工事課
2012年入社・工学部

南 泰雅

Taiga Minami
関西支店 工事部
2013年入社・工学部

荒井 萌

Moe Arai
建設本部 土木部 工事課
2017年入社・海洋学部

加田 淳貴

Junki Kata
海洋部 船舶工事課
2012年入社・工学部

大きな構造物が、目の前でシミュレーション通りに再現され、ミッションが完遂できたときの気分は最高です!

加田 淳貴

Junki Kata

海洋部 船舶工事課
2012年入社・工学部

Profile

説明会での人事担当者と技術職社員の方の雰囲気がとても良く、具体的な仕事内容が実感でき、興味を持てたことが入社のきっかけになったという加田さん。現場では、チーム内外とのコミュニケーションを何よりも大切にしている。

大型の起重機船を使用した重量物の据付け作業を主に担当。具体的には、製鉄工場において製鉄原料の荷役能力向上に必要なアンローダーの据付け作業に従事しています。アンローダーは約3,000tの重量があり、その上、特殊な形状と各港湾独自の地形などを考慮して作業を行わなければいけません。
関わった現場としては、2015年1月に開通した沖縄県の伊良部島と宮古島を結ぶ「伊良部大橋」の工事をはじめ、韓国・台湾・ベトナムなどの海外での港湾土木も経験。何千トンもの構造物を対象に、CADを使用して机上でシミュレーションしたものが面前で再現され、完璧に成し遂げられたときの気分は最高です。

寄神建設には「工事表彰」という社内公募制度があります。自分が担当した工事を表彰対象として自薦するのに、予算・工期・安全などの各目標を達成するために現場のチームと共同。その中で大きな達成感を味わえるとともに、結果として「工事表彰」に選出され、金一封を受け取れたときは大きな喜びを感じます。特に所長で従事した案件だと、より一層うれしいですね。
仕事中に心がけているのは、初めての現場・構造物を担当した際、“与えられた仕事” に関して、まずは自分で答えを見つけるということ。先輩に助言を求める時は、自分の考えを用意してから行くようにしています。1級土木施工管理技士など、仕事で必要な資格を取得し、より大きなプロジェクトを担当するのが今後の目標です。

南 泰雅

Taiga Minami
関西支店 工事部
2013年入社・工学部

自分で考えた施工計画通りに構造物が完成したときの爽快感

南 泰雅

Taiga Minami

関西支店 工事部

Profile

多くの建設会社の会社説明会に足を運びましたが、国内最大の大型起重機船を筆頭に多数の作業船を保有し、この会社独自の技術を社員の方々が誇りに語る姿に心を動かされ入社を決めました。

2013年4月に入社してからは、社内研修の一貫で半年間、当社の1400t吊起重機船「新建隆」に乗船し、起重機船での 現場作業における基礎を学びました。
その後、技術職員として各地の現場を担当しています。今まで関わってきた現場としては、和歌山県新宮市にて紀伊半島豪雨に見舞われた熊野川の災害復旧工事や大阪湾内でのケーソン据付工事、北海道・石狩湾新港でのLNG火力発電所新設に伴い沖合い約1kmの海底下に放水口を造る現場など海洋土木がほとんどを占めます。5年目を迎えた現在は大阪・堺市の製油所内にて老朽化した桟橋の改造工事に現場責任者として従事しています。

既設桟橋の強靭化プロジェクトの一環で当社の200t吊旋回式起重機船「第二寄星」にて鋼管杭を打設し、杭の上に桟橋の受桁を架設するのが主な概要です。
今の現場で初めての現場所長を任せてもらっています。やる気さえあれば早い段階で現場のすべてを任せてもらえるのが寄神建設の魅力ではないかと思います。
施工管理・工程管理・安全管理・品質管理・原価管理など、現場をスムーズに動かすために日々これらを考えながら取りくんでいます。まだまだ不慣れなところも多いので、その時は上司に相談しながら、日々学んでいます。
社内は非常にアットホームで若手社員でも自分の考えを積極的に発言できる環境が寄神建設にはあります。当時面接を受けたときに「非常にアットホームな雰囲気だなぁ」と感じたのを覚えていますが現在もまさにそう思います。現在の現場も無事に竣工できるようチームで一丸となって施工を進めています。

現在建設業界への就職をご検討している方々へ、当社は大手建設会社と比較すると会社の規模は小さいですが、国内最大の起重機船をはじめとした「作業船」という財産を多数 保有し、当社でしかできない仕事も多いです。その独自性で 各地の海の大型プロジェクトにも多数参画し、実績を残しています。当社ならではの技術に少しでもご興味のあるかたはぜひ会社説明会へ足を運んでもらえると嬉しいです。
ここ最近建設業界への労務管理等、様々なお話を耳にしているかと思います。当社では労務管理、福利厚生等、社員が働きやすい環境作りに常に全力を注いでいます。海の現場では工程が気象に左右されやすく、土日が仕事になることも多々ありますがその後まとまって休暇が取得できるよう会社は配慮してくれます。待遇面も良いほうだと思います。また、資格取得の支援制度も充実しており、私も支援制度を利用し近年難しいと言われる1級土木施工管理技士の資格を1度の受験で合格できました。今後も多くの資格を取得し、自己の能力向上に努めていきたいと思っております。
まずはぜひ、当社の会社説明会に足を運んでいただき、社風の良さを肌で実感してもらえたらと思います。ぜひともお待ちしております。

荒井 萌

Moe Arai
建設本部 土木部 工事課
2017年入社・海洋学部

日本有数の起重機船の所有に憧れて入社。女性も安心して働ける現場です。

荒井 萌

Moe Arai

建設本部 土木部 工事課
2017年入社・海洋学部

Profile

大学で得た資格を活かしたいと建設業を目指しました。中でも日本有数の起重機船を所有していることに憧れて入社を決めました。女性の土木職員は初と言う事で不安もたくさんありましたが、周りの方たちがとても優しいので明るく頑張っています。

現在は東海第二発電所南側護岸補修工事に取り組んでいます。護岸前面の侵食により消波ブロックの移動沈下等が見受けられ、消波工としての機能が低下していることから機能回復を図るため補修工事を実施しています。今回が初めての現場で、見るものすること全てが経験になると思って頑張っています。
何百個という消波ブロックを作っていますがそれを据え付けし、実際に消波ブロックとして役割を果たしていることに感動しました。
今後は仕事に必要な資格を取り、会社に貢献することが目標です。
女性でも安心して働ける現場なので是非今後女性の技術職員も増えたらなと思っています。

石川 暁

Akira Ishikawa
建設本部 土木部 工事課
2018年入社・工学部

鈴木 雅人

Masato Suzuki
建設本部 土木部 工事課
2019年入社・海洋学部

小泉 杏菜

Anna Koizumi
建築部 工事課
2019年入社・商学部

石川 暁

Akira Ishikawa
建設本部 土木部 工事課
2018年入社・工学部

国内最大の起重機船を多数保有しており、スケールの大きな未来に残る仕事がしたいと思い入社を決めました。

石川 暁

Akira Ishikawa

建設本部 土木部 工事課
2018年入社・工学部

私の大学での専攻は航空宇宙学で土木とは関係ありません。しかし海洋土木自体があまりメジャーではないので皆、一からのスタートです。入社後最初の現場が弊社の中で一番大きい起重機船「海翔」を使用した大分港の既設物の撤去工事でした。施工管理とはいっても最初は初めて目にするものばかりです。
新入社員はひたすら見て、聞いて学びます。日本一の起重機船での作業を見たときは、扱うものすべての大きさに圧倒されました。その後、神戸三菱の潜水艦ドッグ新設工事をはじめ、ケーソン据付工、橋脚へのコンクリート供給工、鋼管杭の打設工等々を行いました。

入社して半年ほどの時、同時進行の二つ現場のうち片方を任せてもらいました。もちろんわからないことが多く不安ばかりでしたが、上司や現場の作業員の方に教わり、工事の進歩と共に自分の成長を感じることができました。工事が完成した時や自分が携わった構造物を目にすると大きなやりがいを得られます。
 現在、就職活動をされている皆さんへ。先ほども述べましたが、土木を専攻していなくても問題はありません。また、非常にアットホームな当社は、若手が重宝されます。働き方改革により建設業全体の働く環境も改善されてきています。建設業界は人手不足と言われていますが、逆を取れば若手がすぐに活躍できる機会が多いです。資格等の取得も全力でサポートしてくれます。
日本のインフラを支えていると胸を張って言える当社の説明会に、一度足を運んでみてください。お待ちしています。

鈴木 雅人

Masato Suzuki
建設本部 土木部 工事課
2019年入社・海洋学部

誰でも最初は初めてからでも新たな現場で”自分の成長を実感した瞬間が”そこにある。

鈴木 雅人

Masato Suzuki

建設本部 土木部 工事課
2019年入社・海洋学部

現在は東日本大震災の復興工事で、津波から市街地を守る防潮水門の建設工事に携わっています。入社して最初に着任したのが今の現場で、大型の重機や建設機械に囲まれ、目にするものの多くが分からない事だらけでした。
ですが、いくつかの現場を経験していく中で、新たに見たり聞いたりすることもあれば、以前に経験した工種や使用したことのある建設機械も増えていくので、日々現場の中で成長を実感することができます。

当社は海洋土木をはじめ公共施設の建設や震災時の復興など事業は多岐にわたり、日本全国で仕事をする機会があります。そのため、気候や環境、文化の違いなど驚くような経験をすることもあります。時には、社会的にインパクトのある仕事にも携わることがあります。
最初は、分からない事も多く不安ですが、先輩や上司、現場の職人さんに聞けば丁寧に教えてくれます。
ホームページやパンフレットだけでは、当社や建設業について具体的にイメージすることが難しいかと思います。
まずはぜひ会社説明会に足を運んでいただき、不安な点や疑問点を聞いてみてください。

小泉 杏菜

Anna Koizumi
建築部 工事課
2019年入社・商学部

現場が終わったとき、大きな安心・達成感を得られます。

小泉 杏菜

Anna Koizumi

建築部 工事課
2019年入社・商学部

2019年に入社し、住宅の外壁改修と鉄骨4階建てのビル新築に従事しました。 当初は、知らないことばかりの世界に圧倒される毎日でした。現場は業界用語が飛び交い、手際よく作業を進める人たちばかり。おまけに皆さん体力があり、常にパワフルです。
現場のスピードについていけずヘトヘトになりながらも、「一生懸命仕事に取り組む人たちの姿は活気に満ち溢れてかっこいい。自分もいつかこの一員として現場を回せるようになりたい」と、心が躍ったのを覚えています。

現在入社3年目、まだまだ現場を回すには及びませんが、親切に教えてくれる先輩方や職人さんに助けられ、充実した現場監督ライフを送っています。 ところで、皆さんの中にも施工管理(現場監督)って何しているの?と思う方がいらっしゃるかもしれません。簡潔にいうと「工事のスケジュールを組み、人や資材を手配し、常に安全を意識しながら、良い品質の建物が完成するよう指揮をとる」ですが、ピンとこない部分もあると思います。 例えば、せっかく完璧なスケジュールを組んでも、突然雨が降ったらできない作業もありますよね。事前に天気予報をチェックして、雨で作業を延期しても期限に間に合うような工程を組まなければなりません。
また、「安全第一」を守る仕事も大変重要です。
現場で働く人や通行人の安全を守る為、ガードマンを配置し危険な場所には立ち入らないよう区画し、注意標識を取り付けます。
不安全な行動をする職人さんがいたら、注意しなければなりません。
測量機器を使っている写真があると思いますが、これは今従事している現場でブロック塀を作るにあたり、この高さまでブロックを積みますよ、という印をミリ単位でつけています。建築業界でない方は、腰ほどもいかない高さのブロックを積むのに、ミリ単位の調整がいるの?と驚かれると思います。 これらは仕事内容のほんの一例にすぎず、施工管理はとても奥が深いです。 建物が完成した時、改修した住宅の住民さんにお礼を言ってもらった時、達成感とやりがいを感じます。 寄神建設はとてもアットホームな会社で、建築部は人数こそ少ないですが、気軽に質問や会話ができるところが魅力だと思います。
是非一度説明会に足を運んでいただき、当社の和やかな雰囲気を感じていただけると嬉しいです。

増田 拓海

Takumi Masuda
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・工学部

平井 大樹

Masaki Hirai
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・経済学部

箱崎 斗真

Touma Hakozaki
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・都市環境工学科

Takumi Masuda
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・工学部

大学でCADを学習していたことや物を造ることに興味が湧き、就職を決めました。

増田 拓海

Takumi Masuda

建設本部 土木部 工事課
2020年入社・工学部

Profile

私は、地元神戸に愛着があり、就活で地元の会社を探していました。
ある日、海に浮かぶ大きな作業船を見つけ、それが地元の会社が所有している作業船だと知りました。ネットで検索し、説明会に参加。当初、就職先として建設業は考えていませんでしたが、大学でCADを学習していたことや物を造ることに興味が湧き、就職を決めました。

私は主に当社の200t吊旋回式起重機船『第2寄星』を使用し、重量が100tを超える構造物を吊上げて、積おろしや積付を行う荷役作業を担当しています。作業開始に先立ち構造物の詳細、作業区域の水深等の情報を収集し起重機船がその構造物を吊上げることが可能か、その場所に起重機船が入域可能かをCADで図面に落とし込み、実際に作業をすることができるのか判断する検討を行っています。 計画通り構造物が吊上がると嬉しさがこみあげてきます。無事作業が終了し、起重機船が出港している光景が最高です。後に自分が担当した構造物がどこに輸送され、どのような用途で使われるのか、客先から教わり、調べたりして、その構造物が活躍することで社会に貢献できたことに『やりがい』を感じ満足しています。
また、入社約1年で当社の起重機船、全てを担当したので上司から『コンプリートやな』と言われた時が嬉しかったです。

私が所属している部署は、起重機船を使用し様々な大型構造物の据付・撤去・解体を行うだけではなく、大型の輸送台船を使用し大型構造物の海上輸送工事も行っています。
地図に残る仕事をしたい方はおすすめです。
私は大学で電気工学を専攻しており土木工事について何も知らない状態で入社しました。初めて目にするものばかりで、意味が分からないことが多く幾度も失敗してきましたが、 上司の方々や現場の作業員に作業手順等を教わり、また自ら学びその経験を次の現場で活かせた時や自分が思った答えがその通りになった時に喜びを感じます。
建設業界は怖い方々が沢山いるイメージはありますが、優しい上司の方ばかりで分からないことがあれば気兼ねなく聞ける環境なので非常に仕事がやりやすいです。
当社の説明会は気軽になんでも思ったことを聞ける環境なので、興味を持った方はぜひ当社の説明会へ参加してみてください。

平井 大樹

Masaki Hirai
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・経済学部

日本有数の起重機船の所有に憧れて入社。女性も安心して働ける現場です。

平井 大樹

Masaki Hirai

建設本部 土木部 工事課
2020年入社・経済学部

Profile

私は昔からものづくりが好きで建設業界を志望しました。中でも国内最大の起重機船を用いた海洋土木に魅力を感じ、寄神建設へ入社することに決めました。

現在は清水地区斜面対策工事に携わっております。海洋土木のイメージが強い寄神建設ですが、陸上土木にも力を入れており、この工事は山の斜面を補強し、土砂災害を未然に防ぐためのものです。
経済学部出身で土木に関する知識は全くありませんし、入社後初めての現場ですので分からないことだらけですが、日々勉強の毎日の中で少しずつできることが増えていくことに喜びを感じながら仕事に励んでいます。
今後は、現場監督として経験を積みながら様々な資格を取得し、自己研鑽に努めるとともに、建設会社において文系出身だからこそ活躍できる道を模索し、会社に貢献するのが目標です。

就職活動中のみなさんへ。当社は海洋土木という独自の強みを持ち、他社ではできないような仕事ができます。また社員の働きやすい環境整備に力を入れており、休暇の取得など常に配慮してくれます。資格取得のサポートに関しても制度が整備されており、実際に私も制度を利用して資格試験に挑戦しました。昨今のコロナ禍の影響により、社会全体が大きな変化の時期を迎えておりますが、そんな中でも安心して働くことができる環境が当社にはあります。興味を持たれた方はぜひ一度当社に足を運び、「寄神建設の魅力」を実感してみてください。

箱﨑 斗真

Touma Hakozaki
建設本部 土木部 工事課
2020年入社・都市環境工学科

自分で考えた施工計画通りに構造物が完成したときの爽快感

箱﨑 斗真

Touma Hakozaki

建設本部 土木部 工事課

2020年に入社し、複数の現場で従事しました。最初は・・・・
現在は神戸市唐櫃台の老朽化した下水管と人孔の更生工事に取り組んでいます。
本工事は、既設管内にシームレスライナーを引き込み、空気圧によって拡径して既設管内面に密着させた状態で特定の波長の光を管口から直に照射して樹脂を硬化させる形成法により改築し、また、既設管の真円が確保不足及び破損が激しい場合は、開削工により工管布設替えする工事で私は技術職員として施工管理を担当しています。

工事をしていく中で地域の方と話す機会がありその際に、「ありがとう」「いつもお疲れ様です」など声をかけていただく事もあり、自分たちが作っているものが実際に人の役に立っていることを実感できとてもやりがいになっています。
今後は仕事に必要な知識や資格に取得を目標に能力向上を目指していきたいです。

Message 学生へのメッセージ

働きやすく、頑張った人が報われる環境を整えています

就職するに当たり、働く環境が充実しているかどうかは、重要なポイントです。当社は社員同士の仲が良いアットホームな雰囲気で、本人からの相談があれば社員の家庭のことも考慮して対応に当たるなど、個々の働きやすい環境を整備。社内制度に関しては管理職研修などを実施し、人事昇格審査会の設置をはじめ、より“頑張った人が報われる制度”づくりをめざし、社内改革を進めています。

いざ社会に出ると、学生時代の勉学では学べないことが沢山あります。実践の場で学び、覚えたことは自分の力となり、積み重ねた努力は自分を裏切りません。そんな努力を惜しまず、いつでも前向きに取り組み、問題が生じても乗り越えていく気構えのある人材に期待しています。

Recruitment Information 採用情報 Recruitment Information 採用情報

2022卒採用情報(2020実績)

職種
【総合職】技術職(土木・建築)
仕事内容
【土木・建築】(施工管理)
 工事の計画から工程・品質管理・技術指導及び施主・協力会社との折衝までを担当
勤務地
本社/兵庫県神戸市兵庫区
東北支店/宮城県仙台市青葉区
東京支店/東京都中央区
名古屋支店/愛知県名古屋市熱田区
関西支店/大阪府大阪市福島区
中四国支店/広島県広島市中区
九州支店/福岡県福岡市南区
初任給
  【総合職】
大学卒 月給201,500円
短大・高専・専門卒 月給183,500円
※2020年4月実績
勤務時間
現業部門 :8:00~17:00
非現業部門:8:30~17:30
休日・休暇
■休日:週休二日制(土・日曜)、祝日、年末年始、夏季、設立記念日
■休暇:年次有給休暇、慶弔休暇、特別休暇、その他(育児休業、介護休業の制度あり)
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(6月、12月)
諸手当
現場従事手当、時間外手当、深夜労働手当、資格手当、住宅手当、通勤交通費、家族手当ほか
待遇・福利厚生
■社会保険:雇用保険・労災保険・政府管掌健康保険・厚生年金
■制度:財形貯蓄、持株会、退職金制度
■施設:社宅
■その他:永年勤続表彰、各種工事表彰、慶弔金
応募資格
大学・短大・専門・高専 卒業見込みの方
採用予定学部・学科
■土木系・建築系の学部・学科
※文系・理系を問わず、施工管理をやってみたい方なら、受け入れています。(実績あり)
先輩の出身校
京都大学大学院、佐賀大学大学院、香川大学大学院、神戸大学、横浜国立大学、名古屋工業大学、金沢大学、山口大学、香川大学、徳島大学、大分大学、早稲田大学、慶応義塾大学、東海大学、国士舘大学、中央大学、神奈川大学、北見工業大学、北海道科学大学、仙台大学、名城大学、名古屋学院大学、中部大学、金沢工業大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、近畿大学、龍谷大学、大阪学院大学、大阪工業大学、大阪産業大学、大阪商業大学、大阪経済大学、兵庫県立大学、甲南大学、姫路獨協大学、摂南大学、大阪電気通信大学、京都外国語大学、広島工業大学、福山大学、第一工業大学、西日本工業大学、長崎総合科学大学、九州共立大学、日本文理大学、崇城大学、水産大学校、四天王寺大学、修成建設専門学校、日本工科大学校、神戸芸術工科大学、広島工業大学専門学校ほか
採用人数
土木・建築(施工管理):10名
前年採用実績
10名(大卒5名、高卒5名)
提出書類
履歴書、成績証明書など
選考フロー
■選考方法:適正診断及び面接
■選考上の重視点:
積極性、向上心、開発心のある人を求めます。
面接を重視した選考を行ないます。
連絡先
本社 : 〒652-0831 兵庫県神戸市兵庫区七宮町2丁目1-1
TEL : 078-681-3120
担当 : 総務部 採用担当
会社説明会
9月スケジュール ※リクナビ掲載
会場 開催回数 開催時間
本社 1日1回 (午前)10:30~
(午後)14:00~
    1 2 3  
6 7 8 9 10  
13 14 15 16 17  
  21 22   24  
27 28 29 30    
関西支店 1日1回 14:00~            
名古屋支店 1日1回 10:30~            
東京支店 1日1回 15:00~            
中四国支店 1日1回 10:30~            
九州支店 1日1回 15:00~            
四国営業所 1日1回 13:00~            

ご不明な点などは、メール 又は、電話等で、上記 総務部採用担当者 までお気軽にお問い合わせください。
※エントリーを希望される方は リクナビ からエントリーしてください。


リクナビの弊社画面へ
【会場:本社】
住 所:
〒652-0831 兵庫県神戸市兵庫区七宮町2-1-1
最寄駅:
①山陽新幹線でお越しの場合
 「新神戸駅」下車、市営地下鉄「三宮」で地下鉄海岸線に乗り換え
 「中央市場前駅」で下車、東へ徒歩約5分
②JR神戸線でお越しの場合
 「神戸駅」下車、西へ徒歩約15分
③神戸高速鉄道東西線でお越しの場合
 「新開地駅」下車、南へ徒歩約10分
持ち物:
筆記用具,履歴書
選考方法:
書類選考、面接(一次面接・最終面接)

Q&A

Q1

応募方法について、教えてください。

A1

当社では、理系の学生は学科を問わず全学部全学科対象に応募を受け付けています。
興味をお持ちいただければ、『マイナビ』又は、『リクナビ』からエントリーをお願いします。
エントリーして頂いた方には、情報を随時お知らせ致します。

Q2

会社説明会には出席する必要がありますか?

A2

会社説明会では、弊社の沿革や事業内容・福利厚生・研修・採用試験などについてを採用サイトの文面では伝えきれないことをより詳しく説明します。
また、先輩社員との座談会も予定しており、弊社のことをより一層知れる機会だとおもいます、是非参加下さい。

Q3

選考で重視している事を教えてください。

A3

採用試験の内容を総合的に考慮し、最終的には【人物重視】で判断します。
面接では難しい質問はしないので、精一杯あなたという人物がどういう人物なのかをアピールしてください。

Q4

入社後にはどのような研修がありますか?

A4

入社後すぐに1週間にわたる研修を行います。
社会人としての基本的な常識マナーや業界のしくみ、社内業務知識などや、建設業で一番大切な安全教育等を研修します。

Q5

初任の配属先・勤務地はいつ決められますか?

A5

配属先の希望については、必ず伺います。ただし、必ず希望に沿えるものではありません。
本人の希望や適性を考慮した上で、総合的に判断し配属先を決定しています。

Q6

配属先について本人の希望は考慮されますか?

A6

当社では、本人が配属先、勤務地などの希望を自己申告する機会を年1回設けています。
適性や会社の状況で希望通りとならない場合もありますが、総合的に判断し配属先を決定しています。

Q7

資格取得する際に何かサポートする制度はあるのでしょうか?

A7

当社には、業務上必要な資格を取得・更新するための費用を支給する制度があります。
社員の積極的な資格取得をバックアップしています。

Q8

社宅や独身寮はありますか?

A8

寮も社宅も提供しています。独身寮はワンルーム形式で神戸にあります。独身寮が無い地域については、現場宿舎を用意する場合もありますし、必要に応じて借上げ寮や借上げ社宅という形で賃貸物件を提供しています。